H28・11・7 環境フェンス防音型の人気が再燃してます。

NKブログご観覧のみなさまお疲れ様です。
いやあ・・・カープの日本シリーズ残念でした。
結局、采配ミスもありましたが・・・第3戦以降は
日ハム強かったです。
特に1・2番の粘りが凄かった。
結局それが大量得点に繋がった感じに思えました。
カープには来年に期待したいと思います。

さて・・・
今日の紹介は・・・ここ数年変わらず人気の
環境フェンス防音型の写真を紹介したいと思います。
実は、他社商品に防音や吸音などいろいろな商品が
出始めた2・3年前に一時的に出荷が減りましたが・・・
昨年よりまた人気が再燃しています。
最近は、防音タイプと抱き合わせで当社のノイズキラーという
吸音材と併用使用するケースも増えて来ています。
しかし防音型のみを使用するケースが大半です。
そこでなぜ人気なのかを一部のお客さんに聞いてみた結果を
簡単に書きます。

① 大型物件での使用実績が多い事。
② 仮囲いに遮音材がついているので 設置・解体が便利。
③ 遮音材が別なタイプは後設置時に取り付けがしにくい・
  つかないなどの問題が発生することが過去にあった。
④ 後付けタイプは設置・解体時に壊してしまい高額の
  損料が発生した。
⑤ 防音の効果が他社よりある割に他社品と比べて
  安価であり使いやすい。

この5点がよく言われてました。
時々あるんですが・・・FRP製の仮囲いとの
比較で価格が高い・・・と言われる事がありますが・・・
実はFRP製の仮囲いは通常の万能鋼板やフラット型の仮囲いよりも
防音性能がないのがほとんどです。
理由は防音性能は重量と比例する傾向にありますので 鉄板より軽い
FRP製の仮囲いは防音性能が当然落ちる事になります。
利用される場合は何と比べて防音効果があるのか?
確認されて採用する事をおすすめします。
一般的な性能比較表は当社カタログ・HPにも掲載しておりますので
担当営業にお問合せください。

PAGE TOP

Copyright © 日本機電西日本販売株式会社 仮囲いのレンタル・販売 All Rights Reserved.